CRYPTO4me

暗号資産ふたたび始めよう

CEOの器は量るべきか?

約 6 分

Slideshow - tweeted images サムネイルナビはスクロールできます。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
CEOの器は量るべきか?

まえおき

さて、CROSS exchangeについて「アンチではない。でもファンではなくなった。」と脱・忖度宣言をツイートしたところ想像よりも反響が大きかったので少しビビりました。何かを失うのであれば、何かを得なければなりませんが、結構大変でしたよ。

なにが大変だったかって? 夢でうなされたのです。

先週は説明会で出迎えてくれたCEOの宇原氏が、女性用ピンクのパーティドレスを着ている夢を見ました。これはディスりではなく、実際に見た夢で、夢の中で不思議に思ったものの悪い印象は無かったです。
但し、起きてから、運営方針や思想について理解不能であることの戸惑いを意味しているのだろうと解釈しました。その日は体調が最悪でした。

昨夜は、なぜか雑居ビルで、柿沼氏、中西氏の両氏に出くわして、柿沼氏はすぐに居なくなりましたが、中西氏と一緒にタバコを吸って雑談していました。これについては、何を意味しているのかモヤモヤしていますが、前回に忖度やめる宣言してから、睡眠の質が余計に悪化してしまったことから、心の奥底で後悔しており、媚びたいのかもしれないと思い情けなくなりました。良心の呵責とか意味ないですからね。

何かを変えるときは必ず何らかのトレードオフがありますからね。
夜中の3時とかにはっと目覚めたら反射的にXEXのチャートを見てしまいますからね。大してお金残ってないのに、不健全極まりない。

それ以外に特に何も無いのですが、Twitterのフォロワーはあまり減らなかったです。
長らく続くダウントレンドや運営者の投資家に対する姿勢からして、現況に触れたり、心情を吐露するだけでアンチと変わらない発信になることを皆さん分かっていらっしゃるようです。CROSS exchangeの運営状態が鏡に映っているだけですからね。

日本人の一般観念とマーケティング

私が言うのもなんですが、皆さんはお人好しが過ぎるかもしれませんね。日本人特有の一般観念、つまり調和と協調の観念は世界的に悪用されているのではないでしょうか?

XEXの利回りって、年利0.75%です。(ざっくり計算した2020年3月23日現在)
それなのにXEXの配当を日々ツイートする人って、結局のところ投資素人ってことですよね。日利0.002%をつぶやくセコさを暴露して何のモチベーションなのかなと思ってしまいます。この場合は、お人好しではなく無知なだけかもしれませんね。私は無知で素人ですから他人のこと言えないんですけどね。上の計算がもし間違ってたらご指摘いただけると嬉しいです。

一般観念の社会的利用価値について認知があるものの、都会で暮らし続けるために己を偽っているのか、それとも知らずに社会のシステムに溶け込んでいるのかは人其々でしょう。SNS上の調和・協調観念は、アンチ増殖装置でもありますから、ファンや信者とは対極ではなく、表裏一体ですね。だからマーケティングに長けてないと駄目なのです。駄目といえば、駄目なものは駄目なのです。

ゴチャゴチャ言ってすみませんが、情報発信力の弱さを各方面から指摘されてて改善できないのは、割と致命的です。シンプルにBinance Weekly Report を見習いましょうよ。
アンチが減るという効果が期待できるのと、雰囲気は自ら作れば良いじゃありませんか。
必要なマーケティング活動をちゃんとやっていれば、ここまで落ちてないです。つまり不十分なだけで、これから改めたら良いのではないでしょうか。

CEOの力量

CEOは、Chief Executive Officer つまり最高経営責任者ですから、CEOの器以上に事業が成長することは無いです。

AmanpuriのCEOの人となりが分かるインタビュー記事があるので、Amanpuriに興味が無い人も読むと面白いです。今ならご自身が応援しているプロジェクトのCEOと比較できて冷静に判断できるかもしれませんよ。そうであれば、あなたにとっても収穫でしょう。

本日のブログタイトルは「CEOの器(の大きさ)は量るべきか?」ですが、量るべきです。泥船に乗ってることに気付いた時はもう戻れないですからね。

あなたがどう思うかわかりませんが、選択を誤ることがないよう祈ってます。

【仮想通貨取引所Amanpuri(アマンプリ)の特長】


・レバレッジが最高100倍までかけられる
・取引手数料が安い
・高セキュリティ
・使いやすく見やすいUI/UX
・多言語対応電話・チャットサポート
・レバレッジ取引も現物取引も可能
・アルトコインにもレバレッジをかけれる
・AMALトークンを利用することで取引手数料を半減させられる
・各通貨の余った端数を一括して AMAL へ変換可能
・AMAL トークン保有者へ保有率に応じて毎日BTCで配当金がある
・デモトレードが可能
・MAM 口座(プロトレーダーのトレードに乗っかる事ができる)
・フィアットで取引可能 (USD)
・海外銀行口座の開設も可能

Amanpuri 日本語Telegramはこちら Amanpuri Twitterはこちら Amanpuri Facebookはこちら Amanpuri Bitcointalkはこちら Amanpuri YouTube Officialチャンネルはこちら

明日はいよいよレバレッジオープンです。

[Amanpuri 無料口座開設はこちら]

[非推奨:CROSS exchange は現在、利用価値がありません]

仮想通貨ふたたび始めよう

[Amanpuri 無料口座開設]

レバレッジ取引オープン 2020/3/27

Amanpuri Exchange 口座開設がまだの方はこちらから